about

ミミズ、という名のスコップ。


子どもの頃から、
体毛が濃く、背が低く、太っちょで、
おまけにへそ曲がり。

学校になじめず、
職場にも溶け込めなかった青年は、

30 歳を過ぎて玄能という大工道具と出会い、
鍛冶屋の道に入る。

性格は変わらなかったが、
青年には、
火床と金床と槌と万力と鋸と鑿と錐があった。

誰にでもできることには興味がわかず、
誰にもできないことをこつこつとやり続け、
いつしか名工と呼ばれるようになった。

そんな玄能鍛冶が、あるとき、
愛する山々が人間の野グソで
汚れていくのを目にし、
持ち運べるスコップを自作した。

これが、アースワームのはじまり。

アースワームとは、ミミズのこと。

地中に棲み、
嫌われることのほうが多いミミズは、
土を豊かにし、
草木が根を張るための道をつくり、
名前のなかに earth を抱く、
唯一無二の生物でもある。

玄能鍛冶 相田浩樹が生み出した、
まっすぐなスコップ。

世の中に、ひとつくらい、
こんなスコップがあってもいいんじゃないかな。

http://www.earthworm.love/